ホラー邦画の最近の傾向

理不尽なゲーム『神さまの言うとおり』

別冊少年マガジンに連載されていら人気漫画『神さまの言うとおり』が映画化しました。

漫画では《神さまの言うとおり》と《神さまの言うとおり弐》があります。高校生たちが理不尽なゲームに巻き込まれ、勝利しないと殺されます、グロテスクな内容に軽快なテンポで進行しているので、違和感を感じながらも見入ってしまうホラー邦画です。

高校生の高畑瞬が通っていた学校の教室に、ある日突如だるまが現れて、少しでも動いたら射殺されるという謎なゲームが始まり、クラスメートが次々と死んでいく内に、高畑瞬はどうやってゲームから抜け出すか、そして次は何が待っているのかが見所です。

前半は前作通りに、グロテスクな表現を少し控えましたが、後半は映画のオリジナル展開があります。原作のファンも楽しめる内容となっています。重要だと思った人物は実はそうではなかった!という事はたくさんあります。テンポがはやいので、驚きを隠せないくらい衝撃を受けます。昔から遊んでいたあのゲームもこのゲームも、恐ろしいルールになり、ホラーというよりもグロテスクな内容ですが、血の部分は赤いピー玉になったり、処理を行っていたりしたため、耐性があまりない方でも安心して見れます。

登場した人物もかっこいい俳優さんやかわいい女優さんだけではなく、かなり演技派な方ばかりなので、それもひとつの見所でしょう。怖いけれど、軽快な流れに乗ってみればかなり面白く感じる作品です。

福士蒼汰さんの邦画出演作品

1993年5月30日生まれの俳優、福士蒼汰(ふくしそうた)さんは、2010年に街頭でスカウトされ、翌年には俳優デビューしました。現在も、たくさんのテレビドラマや邦画で活躍して...  気になる詳細はここから ⇒